RAW現像を快適にできるおすすめのパソコンとは

携帯やスマートフォンにカメラが付属するようになり、カメラ趣味も一般的な趣味になりました。

やはり一番はシャッターチャンスを逃がさないこと、そして綺麗な画像を残すこと、これが重要な要素だと思います。

そして、そんなことを気にしてくると、段々とカメラが欲しくなってくるのが人情です。高性能なカメラ、高機能なカメラ上を見出すとキリがありません。

しかし、カメラを趣味にすると、パソコンが必要になってくるという方がいます。一体どんなことにパソコンを使用するのでしょうか?「BTO365 | BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ」というサイトを参考に選ぶべきパーツを考えてみました。

高機能なカメラがパソコンを必要とする理由

実は以前もカメラについて触れた際、高価なカメラではセンサーサイズが違うこと、そして高価なカメラにはRAW(生)という状態で写真を保存する形式があり、その形式で保存することで、画質の調節が思うままにできることを書かせていただいておりました。

そして、パソコン自体には大きなスペックは必要なく、『RAW現像ソフト』が必要なこともあわせて書かせていただいております。

今回お話するのは、そんな『RAW現像ソフト』が無いと、高機能なカメラの写真は意味が無いのか?ということです。

RAW現像での写真の違い

実際、RAW現像の有無によりそこまで写真が変ってしまうのか?ということなのですが、実は撮影した写真のデキが大幅に向上するわけではありません。

しかし、これも何度も語らせてもらいますが、RAW現像した写真は元を劣化させることなく、色味や明るさなどの変更ができるので、何度も写真を調節できることが素晴らしいのです。

思い出の写真を色あせさせず、なお煌かせることができるのが、このRAW現像だと思ってください。

パソコンがあることによるメリット

RAW現像ソフトだけのためにパソコンが必要なのか?ということになりますが、他にももっとパソコンがあることによるメリットはあります。

データを保存、管理がしやすい。

メモリーカードで保存したり、いちいち全ての写真を印刷したりするのは非常に面倒です。

しかも高機能カメラであれば、連射機能などを使うと、貯まる写真の枚数も相当なものです。動体を連射撮影などすると数百枚の撮影などあたりまえとなってきます。

カメラ本体で不要な画像を見つけて消去するといった作業は途方も無い時間と労力が必要となりますが、パソコンで大きな画面でチェックすれば管理も楽ですし、バックアップなどもしやすいのです。

写真の画質や細かい箇所管理が容易。

カメラの液晶や、スマートフォンやタブレットですと、画像の細部の管理などができません。しかしパソコンで使用している大きな液晶画面であれば、より写真の細部までチェックできます。

細部のチェックは必要なのか?と思われるかもしれませんが、拡大してみると思わぬところが映っていたり、実際にはピントが甘かったり、などと気づかされる部分が多々あります。

良い写真を残すためにも、より写真をチェックできるパソコンが便利だと思えます。

現像ソフトや写真加工ソフトで様々なことができる。

写真の現像ソフトや写真加工ソフトを使えば、更に写真を活き活きさせることが可能です。夕日をより赤く、肌をより美しく、なんてことも可能なので、夢のような写真を描き出すことも可能です。

どんなパソコンを購入すれば良いか?

以前はクリエイター向けのパソコンをオススメしたので、今回はもっと誰でも購入できる敷居の低いパソコンをオススメしたいと思います。

ここにあるノートPCでも実は十分なスペックです。

adobeのライトルームCCなどでしたら十分に動作します。出先でも簡単に写真管理できるようになるので、よほど大きな動画データなどを扱わないということであれば、こちらで十分でしょう。

写真を管理するなら、どうせなら、カメラやレンズに心血を注いだ方が良いと私は思います。あと、書き込み速度の速いメモリーカードも必須だと思います。